週末「家ごもり読書」のすすめ(TABI LABOスタッフ選)

パリの人々の息吹や、街の時間を味わえる一冊

20年間パリに暮らし、ファッション誌のパリ特派員として、翻訳家として、現地からパリの最新情報を日本に紹介してきた著者、村上香住子が手がけた、きわめつけのパリガイド。

日本にいながらにして、読むだけでパリの人々の息吹や、街の時間が目の前にひろがります。大人のパリが味わえるエッセイです。
続きを読む>>>

『パリ・スタイル 大人のパリガイド』

村上香住子著
(リトルモアブックス)

たまご料理が大好き!という人へ

「玉子を食べると、それだけでいつでも、しあわせな感覚に包まれる」。パリで大人気のベーカリーレストラン『ローズベーカリー』のオーナーシェフであり、この本の著者ローズ・カッラリーニの言葉です。

玉子の多彩ぶりを褒め称える本は世の中にたくさんありますが、玉子を食べることが大好き!というシンプルな気持ちひとつで書かれたものは、『How to Boil an Egg』くらいではないでしょうか。
続きを読む>>>

『How to Boil an Egg』

ローズ・カッラリーニ著
(Phaidon Press)

メルボルンの暮らしとアイデアがつまった
ビジュアルブック

パッ!と目に飛び込んでくる鮮やかな色合いが特徴の『Lunch Lady』は、手にとってパラパラとページをめくっているだけで、気分が明るくなってくる本。

オーストラリアの家庭でつくられた、簡単にできる手づくりランチや、暮らしをより豊かにするためのアイデアが紹介されています。テキストは英語ですが、写真やイラストも豊富です。
続きを読む>>>

『Lunch Lady』

Kate Berry編集
(Lunch Lady Magazine)

「庭仕事」から学ぶ
自然と人生の本質的な結びつき

20世紀ドイツの文学者は、生粋の“庭師”でもあったようです。その証拠にヘッセの後半生は、執筆以外の時間をほとんど自らつくりあげた庭で、四季折々の草花や樹木に囲まれて過ごしていたことが、この本を通して私たちが知る事実。

ヘッセの私生活を“のぞき見”していくうちに、こんなことを思いました。彼こそが「植物男子」の先駆者だ!
続きを読む>>>

『庭仕事の愉しみ』

ヘルマン・ヘッセ著
岡田朝雄訳
(草思社)

ひとつずつ、自分を紐解いていく本

『PICK ME UP』は、各ページに書かれている質問に答えを書き込んだり、お題にそって行動してみることで、自分自身がどんな思いを抱えているか、何をしたいのかが簡単に可視化できるという本。

心がモヤモヤしていて晴れないときは、気張らずに、そのままの状態でペラッとこの本を開いてみてください。
続きを読む>>>

『PICK ME UP〜 書くたびに自分がもっと好きになる〜』

アダム・J・カーツ著
関根 光宏訳
(ワニブックス)

Top image: © iStock.com/Yumi mini
-->

バンコク(タイ)の無料ガイドブックはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする