イヤーパッドに水が入った「ヘッドホン」

ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。骨伝導の仕組みを利用していること自体はそれほど珍しくないのだが、なんとイヤーパッドにあたる部分に「水とジェル」が入っているのだ。

これは“空気中よりも水中の方が音が速く伝わる”という点に注目したもので、その影響で脳がどこから音がやってきたのかを感知できないらしい。

すると、どうなるのか? どこからともなく突然音が発生したように感じたり、360度から音が聞こえたりする感覚になるとのこと。ユーザーテストでは、被験者のひとりが「音楽のなかにいるみたいだ」と語っている。

これまでにない没入感を得られることから、今後、Giovannoniさんは同じ技術をVRにも活かす予定だ。

Top image: © Nicola Tree
-->

バンコク(タイ)の無料ガイドブックはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

フォローする