海外の友だちをWow……と唸らせる一棟貸しの京町家「季楽」

海外からの友だちが思わず「Wow……」と言ってしまう。そんな姿を見たいなら、「季楽 京都 本町」に泊まるのがイイ!

今流行りの一棟貸しタイプの宿泊施設ですが、そこがポイントではありません。

室内には枯山水があります。そこにはベッドも設置され、伝統的な日本庭園の中で寝るイメージです。

その部屋の上にあたる2階は、床が一部ガラス張り。枯山水を見下ろしながら、お茶をいただくことができるみたいです。

この仕組み、まず海外のホテルでは見られないはず。少しニュアンスは異なるのでしょうけど、借景のよう。部屋の一部を上手く利用して、ちょっとした感動を与える空間を演出しているのですね。

蛇足ながらに、借景についての説明をしてみるのもいいでしょう。ある意味で一番日本らしい考えだから、海外の友だちに伝統文化の奥深さを伝えられるいい機会になりますね。

季楽 京都 本町
住所:京都市東山区本町5丁目187-1

-->

バンコク(タイ)の無料ガイドブックはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする